ハイブリッド給湯暖房システムTOP > よくあるご質問

設置例
日頃、お客様からお寄せいただく、ハイブリッド給湯暖房システムに関するご質問や情報をQ&A方式でご紹介します。
お問い合わせの前にこちらをご覧ください。

Q.
Q. ハイブリッド給湯暖房システムのカタログなどわかるものがほしいのですが。
Q. 実際にハイブリッド給湯暖房システムを見ることは出来ますか?
Q. 今、灯油のセントラル暖房ボイラーと給湯機を使用していますが、ハイブリッド給湯暖房システムに替えると灯油は使わなくなりますか?
Q. 今、灯油のセントラル暖房を使用していますが、既存のパネルヒーターをそのまま利用できますか?
Q. 今、ストーブを使っていますが、このシステムに替えることは可能ですか?
Q. 工事期間はどれくらいですか?
Q. 電気の契約は何になるのですか?
Q. ホットタイム22ロングで通電されない時間帯(2時間)の処置は?
Q. ヒートポンプ暖房機が稼動するための最低外気温は?
Q. ハイブリッド給湯暖房システムを導入すると光熱費が安くなる試算となっていますが、本当に安くなるのでしょうか?
Q. 新築住宅への導入を考えていますが太陽光発電も導入検討しています。ハイブリッド給湯暖房システムではヒートポンプを使用するようですが、発電した電気がヒートポンプに使われてしまいあまり売電できないのではないかと心配です。
Q. ハイブリッド給湯暖房システムを設置するとLPガスの容器はどんな容器を設置するのですか?
Q. ハイブリッド給湯暖房システムを設置すると補助金などのメリットはありますか?
Q. ハイブリッド給湯暖房システムの給湯の熱源は何ですか?
Q. エコジョーズとヒートポンプの熱交換ユニットは並べて置く必要がありますか?
Q. ヒートポンプの実効効率はどのくらいですか?
Q. 暖房でエコジョーズのバックアップは自動的に入りますか?(戻り温度が低くなった場合)NEW

Q. ハイブリッド給湯暖房システムのカタログなどわかるものがほしいのですが。
A. カタログ等の資料請求につきましては、メールでお問い合わせフォームからお申し込み下さい。
ハイブリッド給湯暖房システム お問い合わせメールフォーム
(平成24年11月1日 現在)
ハイブリッド給湯暖房システムパンフレット
ハイブリッド給湯暖房システム
パンフレット
Q. 実際にハイブリッド給湯暖房システムを見ることは出来ますか?
A. 弊社ショールーム「美暮住(みっくす)」のうち、札幌中央、札幌西、稚内、旭川、釧路、帯広、苫小牧、函館の各ショールームでご覧頂けます。

以下のページで詳細をご案内しておりますのでご覧ください。
ふれあいショールーム「美暮住(みっくす)」ページ
 
Q. 今、灯油のセントラル暖房ボイラーと給湯機を使用していますが、ハイブリッド給湯暖房システムに替えると灯油は使わなくなりますか?
A. 給湯はLPガスを、暖房は主に空気熱(電気)を使用する為、灯油は使わなくなります。
ただし、灯油式のロードヒーティング、融雪槽がある場合には灯油を使います。
Q. 今、灯油のセントラル暖房を使用していますが、既存のパネルヒーターをそのまま利用できますか?
A. 基本的には今お使いのパネルヒーターをそのままお使いいただけますが、場合によってはパネルヒーターの取替えが必要になりますので、ぜひご相談ください。
パネルヒーターを設置しているリビングなどで寒さを感じる場合は、放熱量が多いパネルにすることで寒さを低減することができます。また、新たにパネルヒーターを設置することもできます。
Q. 今、ストーブを使っていますが、このシステムに替えることは可能ですか?
A. 事前にお客様宅の調査が必要になりますが、暖房が必要となる場所へのパネルヒーターの設置やそれにかかわる工事等が必要になります。
Q. 工事期間はどれくらいですか?
A. 機器の標準設置工事は約2日間を要し、給湯は1日目に使えるようになります。   
※事前にヒートポンプ暖房機を使用する為の電気工事が必要になります。
Q. 電気の契約は何になるのですか?
A. ご家庭でご使用になる照明や家電製品などは従来と変わりありません。
ヒートポンプ暖房機については「ホットタイム22ロング」契約をおすすめしています。
(ホットタイム22ロングや従来の電気契約については、北海道電力様のホームページをご確認ください)
Q. ホットタイム22ロングで通電されない時間帯(2時間)の処置は?
A. 通電が切れる前にヒートポンプ暖房機が自動的に運転を停止し、3時間後に自動で復帰するタイマーを設置いたします。また、ヒートポンプ暖房機が運転を停止中はエコジョーズで暖房を行いますので、寒くなることはありません。
Q. ヒートポンプ暖房機が稼動するための最低外気温は?
A. 外気温マイナス25℃までヒートポンプは稼動します。(メーカーカタログより)
能力が低下してもエコジョーズがバックアップするので問題ありません。
Q. ハイブリッド給湯暖房システムを導入すると光熱費が安くなる試算となっていますが、本当に安くなるのでしょうか?
A. 設置条件により金額は変わりますが、一般的なオール電化や灯油給湯セントラル暖房よりは安くなると当社では試算しており、年間の削減金額については主に住宅の断熱性、広さ、お住まいの地域により変わります。
導入検討の際は、これらの条件を教えて頂き、およその年間削減金額を試算しお客様にご提示した上で導入を頂いております。
Q. 新築住宅への導入を考えていますが太陽光発電も導入検討しています。ハイブリッド給湯暖房システムではヒートポンプを使用するようですが、発電した電気がヒートポンプに使われてしまいあまり売電できないのではないかと心配です。
A. 当社システムでは、ヒートポンプを北海道電力様の融雪電力メニューで動かします。
この融雪電力メニューは、ヒートポンプを単独回路(暖房用メーターを設置)で動かすため、売電量には影響がありません。
Q. ハイブリッド給湯暖房システムを設置するとLPガスの容器はどんな容器を設置するのですか?
A. 一般的には50kg容器を2本設置します。エコジョーズで給湯も暖房する場合は300kg貯槽を設置するのが一般的です。
また、50kg容器2本用の当社オリジナル収納庫もございますのでご相談ください。
Q. ハイブリッド給湯暖房システムを設置すると補助金などのメリットはありますか?
A.
住宅版エコポイント 木造住宅新築の場合は住宅本体が次世代省エネ基準を満たしていれば、どのような設備でも変わりませんが木造以外の場合は有利に働きます。
フラット35S 省エネルギー性の基準をカンタンにクリアしておりますので、適用に有利に働きます。
補助金 一部市町村ではエコジョーズやヒートポンプを設置すると補助金が出るようです。
お住まいになっている各行政へお尋ねください。
 ※住宅版エコポイント、フラット35S、補助金などについては、他にもクリアしなければならない条件があります。また、抽選になる場合もありますので、詳しくは各窓口へお尋ね下さい。
Q. ハイブリッド給湯暖房システムの給湯の熱源は何ですか?
A. ハイブリッド給湯暖房システムは給湯の熱源はLPガスを利用します。
Q. エコジョーズとヒートポンプの熱交換ユニットは並べて置く必要がありますか?
A. 例えば、脱衣室に設置できる場合は並べて設置するようにしていますが、設置スペースが足りない場合はヒートポンプ熱交換ユニットをデッドスペースに設置したりしています。過去に設置したお客様で階段の下や納戸に設置している実例もございます。
Q. ヒートポンプの実効効率はどのくらいですか?
A. 弊社のモニター実績では通年で200%余りになっています。
弊社モニター宅では一冬の暖房での必要量が11,000kWh程ありましたが、ヒートポンプの電力消費量は5,500kWh弱になりました。
空気熱を5,500kWh程使っているということですね。
Q. 暖房でエコジョーズのバックアップは自動的に入りますか?(戻り温度が低くなった場合)
A.

エコジョーズの暖房は手動によりバックアップを開始いたします。エコジョーズの暖房を止めるときも同様になります。

また、オプションで外気温により自動でエコジョーズがバックアップするキットもご用意しております。