トップページ > 事業案内:エネルギー > LPガス

LPガス

LPガスとは

LPガスとは「Liquefied Petroleum Gas」、つまり液化石油ガスの略称で、一般的に頭文字をとってLPガスと呼ばれています。LPガスは炭素と水素の化合物で、炭素数が3つのプロパン(C3H8)と炭素数が4つのブタン(C4H10)の2種類がありますが、一般家庭用で使われているのはプロパンで、プロパンガスとも呼ばれています。LPガスは液体の状態で貯蔵・配送され、使用時には気体で消費されます。

常温・常圧では気体
液体にするには冷却または加圧します。

  1. 冷却する
    プロパン -42℃ ブタン -2℃
  2. 加圧する
    プロパン0.8~0.9MPa(8~9kg/cm³)
    ブタン 0.2~0.3MPa(2~3kg/cm³)

液体から気体になると体積が約250倍に増加します。(プロパン10kg→約4.82m³)
またガス漏れすると空気より重いので、床面などの低いところに滞留します。そのためLPガスのガス漏れ警報器は部屋や台所などの低いところに設置してあります。

LPガス概念図


LPガスと都市ガスの違い

都市ガスは、地域によってガスの種類が異なる場合があり、同一の消費設備や器具が使用できない場合がありますので、転居などの際には注意が必要ですが、家庭用LPガスは日本全国いずれの地域においても同じ消費設備や器具を使用することができます。なお、それぞれの発熱量、比重は表のとおりです。
また、供給形態が違うため、LPガスは災害時の復旧にかかる時間が短いのです。

※都市ガスの原料の天然ガスは炭素が1つのメタン(CH4)が主成分で、比重が空気より軽く、液化するには-162℃に冷やす必要があります。

ガスのカロリーと比重
 LPガス都市ガス(13A)
(天然ガスを原料とするもの)
プロパン
(C3H8
ブタン
(C4H10
メタン(CH4
総発熱量 kcal/m³23,67330,68010,750~11,000
比重(空気1に対して)1.552.080.66

出所:ガス事業便覧((株)日本ガス協会)/ LPガス品質に関する技術資料(日本LPガス協会)

供給形態
供給形態
出所:財団法人エルピーガス振興センター「LPガスガイド」より

賢いガスの使い方はこちら



このページのトップへ