北海道エア・ウォーター株式会社

導入事例(2)

皆様にご実感いただける、省エネ提案を致します。
是非、医療事業部:省エネ推進グループにお問い合わせください。

省エネ対策(節水バルブ設置)

必要水圧を確保しながら、水量を減らす。
複数蛇口実施で年間メリットあり。給湯蛇口に設置すれば燃料削減効果も期待できます。

省エネ対策(節水バルブ設置)

単純償却0.5年の例

※ボールバルブ58か所で全体水量の過半数を占める

処理工程 自在
水栓
単水栓 ホース
水栓
ワン
レバー
ロー
タンク
洗濯機 自動
水栓
混合
水栓
ボール
バルブ
25
ボール
バルブ
20
ボール
バルブ
15
数量
横計
第一工場                 1 6 3 10
第三工場       1           2   3
第四工場 8     1 8 1 2   1 6 2 55
第四工場
事務所
    1 2   3
第五工場 1 3 1 1 6
第一休憩室 3 2 5
研究室 1 1
トバ工場 3 6 1 10
焼成工場 10 2 3 3 1 32
第二焼成工場 29 1 5 6 1 52
第二焼成工場
(休憩室)
1 1
食堂 2 1 3
事務所 1 1 3 5
種別総数 48 3 1 9 20 1 45 1 5 46 7 186
検証から
想定節水率
20% 20% 30% 20% 15% 15% 40% 20% 30% 30% 30% 30%
平均
節水率

← 左右にスクロールしてご覧ください →

高効率スチームトラップへ取替

スチームトラップの劣化による蒸気ロスは大きい!燃料削減効果15%〜90%相当、一か所当り年間11万円以上!
生産機器ではさらにメリット大。連続してドレンを排出し、可動部がないため耐久性10年以上。燃料省エネ対策にはおすすめのアイテム。

高効率スチームトラップへ取替 高効率スチームトラップへ取替

実証実験(既存トラップとの比較試験)※一例

既存トラップ及びスチームテックの蒸気排出量の比較試験ヘッダー1か所で実施。
トラップ1か所当り年間40万円の燃料費削減が見込めるという結果。

メーカー、製品 0 スチームテック
型式 25A ノズル2
計量時間 3分
1次側蒸気圧力 0.5MPa
当初の水温 14.6℃ 14.2℃
ドレン流入後の水温 74.5℃ 15.0℃
計量前の重量 3.51kg 5.06kg
計量後の重量 4.99kg 5.29kg
ドレンの重量 1.48kg 0.23kg
蒸気削減量 1.48-0.23 = 1.25kg
削減率
(スチームロス)
(1.48-0.23)/1.48 = 84.5%
1次側温度 107.2℃ 106.9℃
2次側温度 95.5℃ 87.6℃
排出蒸気削減量

※削減効果は、一定の前提条件のもとによる弊社試算

Page top